About

ホーム > 会社概要 > 沿革

History

沿革

1872-1969

1872

7月
峡中新聞(山梨日日新聞の前身) の創刊

1954

7月
ラジオ山梨(山梨放送の前身) の開局

1961

7月
(株)山梨文化会館 創業 (グループの総務、人事、経理等の事務部門代行と建物管理の会社)

1966

12月
FACOM-231を設置。グループ各社業務の本格的EDP化を進める
対応セクションとして総務局電算室(山梨ニューメディアセンターの前身)を設置

1969

12月
受託業務サービス開始

1970-1979

1973

7月
県内初のCOM装置Datagraphix4370導入。同処理の受託業務開始

1974

7月
FACOM230-25を設置

1978

9月
FACOM M-140を設置。オンラインサービス開始

1980-1989

1983

5月
FACOM M-320を2セット設置。日本語プリンタ設置

1984

4月
山梨放送テレビ業務オンラインシステム開発

1985

1月
従来からの総務局電算室をニューメディアセンター局に改組

1987

2月
自治体向け住民基本台帳システム「STAFF」提供開始

1990-1999

1994

4月
山梨日日新聞社業務システム開発

9月
旅行業支援システム「た・び・ご・ろ」のパソコン版(DOSシステム)開発

10月
山梨地域インターネット協会の創設に参画

1995

7月
山梨日日新聞・山梨放送のホームページ開設

12月
インターネット事業部の創設(マルチメディア業務への対応セクション)

1996

8月
映像・テープ管理システム「ARESS」の提供開始

10月
Win版行政総合情報システム「STAGE」の提供開始

1997

7月
「山梨日日新聞データベース」管理システム納入

10月
Win版「テレビ営放システム」開発・提供開始

1998

2月
自治体向け「確定申告システム」の開発・提供開始

4月
Win版「グループ統合情報システム」(グループウエア)開発・提供開始

5月
Win 版「ラジオ営放システム」開発・提供開始

10月
放送「線引きシステム」のWin開発・提供開始

1999

11月
製造業受注手配システム開発

2000-2009

2000

3月
地域インフラ整備事業手がける(大型案件の受託、以後3件)

10月
Win版「販売管理システム」、「オーダー管理システム」開発

2001

7月
自治体向けグループウエアの納入

10月
住民基本台帳ネットワークシステム納入

2002

2月
山日YBSグループ館内光ケーブルイントラネット整備完工

4月
旅行業支援システム「たびごろWin」を開発

2004

4月
自治体向けCMS事業開始

10月
ISMS認証取得

2005

4月
(株)山梨文化会館ニューメディアセンター局が分社独立して(株)山梨ニューメディアセンターとなる

2006

2月
山梨放送デジタル営放システムの運用開始

4月
山梨日日新聞社データベース全面公開サービスの運用開始

10月
プライバシーマーク認証取得

2007

12月
介護予防事業支援システム「介護予防ナビゲーター」を開発

2008

4月
山日YBSグループ向け「次世代統合情報システム」を開発
デジタルサイネージシステムの開発

2009

7月
山梨文化会館に「セキュリティシステム」を導入

2010-

2010

3月
ケーブルテレビ局向け「顧客管理システム」の開発

4月
デジタルサイネージシステム「info@station-2」の開発

2011

3月
山日YBS グループ向けEC サイトの構築

9月
Win 版「人事給与システム」の開発

2013

3月
山梨文化会館に大型LED サイネージ・4 面マルチサイネージを導入

2014

2月
自治体向け「滞納管理システム」の開発導入

2016

8月
東京事務所開設

相談・お問い合わせフォーム

CONTACT お問い合わせ

電話での各種ご相談・お問い合わせ先

民間企業、自治体などの業務システム開発・パッケージ開発、ホームページの構築やリニューアル、サーバ・ネットワーク構築などICTに関するソリューションのご相談は…
055-231-3063
ページの先頭へ戻る